ログイン状態

2015年09月08日

ロープの巻き方、結び方(まとめ)

今まで書いた記事へのIndexです。

・前半は、ロープの巻き方(コイルの仕方)

・後半は、ロープの結び方


まあ、撚ってないロープは(同軸ケーブル、水道のホースも)

時計回りに巻いたら(ロープが撚れたら

反時計回りに巻く (ロープの撚りを戻す

・・・が結論だ。

# 日本では、8の字巻(Butterfly Coil)といわれている。

* 又は、延ばした状態で巻くか、振り分け(クライミングロープの束ね方)


例外は、

撚って作られている三ツ撚りロープは、撚りを戻す様、一方向に巻く。

(一般的には、時計回りに巻く。Z撚りの場合)


以下はその様な巻き方の紹介。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------

・ロープの 巻き方(コイルの仕方)

http://dxvacation.com/article/140340353.html


・同軸ケーブルの 巻き方(コイルの仕方)

http://dxvacation.com/article/372676029.html


この(https://youtu.be/-74OEVUOKOw)Videoは、

(Over & Under) と説明しているが、

実は、8の字巻(Butterfly Coil)になっていると、わかり易く説明している。

#1:25過ぎ


・ヨットブレイドの 巻き方(コイルの仕方)

http://dxvacation.com/article/372678258.html


# 右手での、ロープの方向に注意! 左右交互に方向が変わっている。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------


結び方

縛り方の動画

http://dxvacation.com/article/118903576.html

・・・ここで紹介の 

Web講座 ロープワーク

http://www.bgf.or.jp/lesson/rope_top.html

・・・ボーラインノット(もやい結び)の紹介は現実的です。

船を留めるには、まずビットにからめて、船を受け止めなければならない。

# 俺は(知っていたが)Webで初めて、この現実解を見たヨ。


まず、ヨットをやるのに必要な、

★主(最低限)なつなげる結び方(ヒッチ)は、以下。

  # ヒッチ(ロープを杭などの物につなげる結び方を指します)

  * 動画は、http://www.bgf.or.jp/lesson/rope/

クラブヒッチ(巻き結び)

 棒や杭などにロープを結ぶ時に使用し、巻きつけるように結びます。

 結び目はクラブヒッチ(とっくり結び)と同じです。

クリートヒッチ

 クリートにロープを止める時に使用します。


★主(最低限)な節にする結び方(ノット)は、以下。

  # ノット(コブのようにロープを結んで節にする結び方を指します)

  * 動画は、http://www.bgf.or.jp/lesson/rope/

ボーラインノット(もやい結び)

 もやい綱(係留ロープ)をとる時に確実で安全な結び方です。

覚えなくてもできる! もやい結び

エイトノット(8の字結び)

 小さなリングなどに通してロープが抜けないように止めコブとして使用します。


PS


----------------------------------------------------------------------------------------------------------

「リング負荷」ロープを結んでできた輪への負荷がかかるとほどけやすい

・末端処理をする

・二重8の字で結ぶ


登山を一生の趣味とするならブーリン(ボーライン)を覚えよう!

http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=400

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

「ブーリンノット」と「ボーラインノット」はドイツ語と英語の違いだけです。

「ノット」というのは「結び」という意味です。


ヨットを46年やっているが、

この様な問題は聞いたこともない。「リング負荷」

ヨットでは、この様な力の掛け方をしない為だと思う。

# 私は、端末側を長くしている。



ブーリン(ボーライン)は確かにリング負荷を与える使い方をすればすっぽ抜けてしまう


posted by Ala.Yacht at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434679259

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。