ログイン状態

2011年10月15日

マーベリック2

今回の「南太平洋大集合」に集合する4艇の、

最後のMaverick2 (シングルハンド:一人で乗っている))が到着した。


濱田さん"Hanmmer"




彼は、ヨットの世界では、

ヨットマンの勲章

Cape Horn(南米の最南端)を回ってきたケープホーナーである。


世界的にも、

ケープホーナーは、一目置かれる。


ケープホーンは、

吠える40度線を遮る、

南米の端、

浅くて、波が立ちやすく、

暴風雨で有名なところだ。


無線機(Icom)が使えないと言うので見たが、

SWR無限大で、?

よって、PowerはZero。

ANTは、

佐賀電子のZeppで、

もう一本のZeppも、状況は同じ。


測定器を何も持って来なかったので、原因を切り分けられない。


PS


ここへのアクセスが多いのは、以下のせいかも。

よって、引用する。


景虎

DUFOUR 325・・・より。

http://blog.goo.ne.jp/n_kagetora/e/cd549a3c3139faf9ddd2618655fa9bd6


※ショッキングな情報が入る。サモア、フィジーでミーティングした
マーベリックが御蔵島辺りで座礁したそうだ。

幸いにも濱田さんは無事だった様だが船体は放棄された様だ。ホーン岬航海した船なのに残念!!

http://yui.at/diary2/scr3_diarys.cgi?action=article&year=2012&month=2&day=16&cat=4621mikura


今日のみくらしま桟橋

〜桟橋日記〜

そういえば昨日、南郷沖で釣りをしていた三宅島の漁船から電話があり

「南郷あたりでヨットが座礁している!人もいるようだ!!」との連絡が。


ビックリして駐在所や役場に連絡。


八丈から単身ヨットで北上していた方が、南風にあおられ13日の未明に座礁していたようです。

幸い命に別状は無いとのことでしたが、衰弱されていて歩ける状態ではなく、

あと1日発見が遅れていたら危なかったと聞きました。

海上保安庁のヘリコプターで都内の病院へ直行したようです。

無事だったようなので、掲載しまーす。

2012年2月16日(木) No.1181


PS


私は、42年?前、

一人で、深夜、御蔵島を回航した。

(ヨットを独学で始めて、14ヶ月目)

御蔵島のブランケットで、風がなく、時間がかかってしまった。

岸ぎりぎりを通ったが、深夜のこと、何も見えなかった。

そのころ、加藤登紀子さんの「帰りたい、帰れない」という歌がはやっていた。


その後、三宅島を出て、36時間後、

大島の岡田港に、着いた。


とても小さな5mJOGという艇でした。

posted by Ala.Yacht at 09:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マーベリック2で検索したら、このブログを拝見させていただけました。
建造者の足立です。
浜田さんからの連絡はケープタウンで何度か有った以外は、NZと南太平洋まで帰ってきていると聞いていたのですが、先日小笠原に到着しています。
今月の舵誌にも掲載され、まもなく日本に帰られるらしいので、私も出迎えに行こうかなと思っています。
Posted by 足立治行 at 2012年02月05日 16:14
コメントありがとうございます。

あの時、日本から4名、空路参加しました。

浜田さんは、
おっとりした良いお方でした。

とても綺麗な良い船ですね。
建造者冥利につきますネ。

二人でお祝いして下さい。
Posted by わかめ at 2012年02月06日 18:27
2012/02/04(Sat)

『マーべリック2』が八丈島向け出港
・・・らしいですね。
Posted by わかめ at 2012年02月07日 18:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。