ログイン状態

2010年09月27日

WWW Tide and Current Predictor

WWW Tide and Current Predictor

http://tbone.biol.sc.edu/tide/index.html


以下は、

Antenna を 海中に立てる検討です!


滞在中のChuukの潮位

http://blog.goo.ne.jp/jj2cjb/e/269a04f845ca726d9ef5ca6d312d31b9

PS 実際に、海上に立てた図

http://blog.goo.ne.jp/jj2cjb/e/d0a685722dd2c535478ca55d0b051f7b


ヨットからの電波が良く飛ぶのは、

周りに、物が無い・・・と言う事もありますが、

海水は、良質な、アースなのです。


★ ヨット、車の Antenna(HF:短波)(アースが重要!)

http://moroiso.info/article/142663769.html

・・・参照。



私は、

日本の潮汐は、

TIDE for WIN を使っています。


TIDEforWINとは

 潮汐を計算しグラフ表示して潮の干満時刻、潮位などを示す潮汐予測ソフトです。

 釣り、バードウォッチング、潮干狩りなど、様々な用途に使用出来ます。

 航海には使用しないでください。また、商業的使用はできません。

 もともとTIDEシリーズはStormy Petrel氏(NIFTY-Serve [MHB00073])が開発し1985年に発表、ソースも公開され、パソコン通信で成長してきたプログラムです。

 実際にたくさんの人がバージョンアップ等を行い、プログラムを公開されています。

 現在ではWindows版だけでなく、CGIやJAVAを使用してWeb上で動作するものまで開発されています。

 今回、このTIDEforWINにもVisual Basicのソース公開版が用意されていますので、興味のある人はご覧下さい。

http://fmie.cside7.com/program/tide.html


その他の潮汐プログラム

http://fmie.cside7.com/program/tide/othertide.html

posted by Ala.Yacht at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 長距離航海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。