ログイン状態

2010年09月19日

10万円の AIS(Automatic Identification System):船舶自動識別装置

★★★ AIS(Automatic Identification System):船舶自動識別装置

http://moroiso.info/article/142596456.html

・・・のコメントに、宣伝!があった。

新高丸と申します。

AISの検索で、ここにたどりつきました。

だれもが開設可能になったAIS

安全航海には、有効です。


Webをお暇なとき見てやって下さい。

http://moroiso.info/article/142596456.html#comment


まあ、

有益そうな情報だから、引用。



http://www.e-mas.co.jp/ais/

有限会社 ラミレーテ        

提携 West Marine

Class B AIS 国内最安 ¥98,000

GPSアンテナ標準装備

免許取得対象機器(技術適合基準取得)


 弊社では、マリンユーザーにはおなじみのWestMarine社と

  AIS-1000の国内販売の提携を結びました。

 しかしながらこのAIS-1000は、

そのままでは国内法(電波法及び関連諸規則)の関係上、

大きな費用負担となる業者の検査が必要になります。          

そこで弊社は、

WestMarine社及び同社を通じて本機の製造メーカーの協力により、

財団法人テレコムエンジニアリングセンターの

技術適合基準の検査を受検し、適合証明の取得に成功しました。

これにより、無線局免許手続きが簡易となる

(書類審査のみ)技術適合番号による免許申請が可能となります。


http://www.e-mas.co.jp/ais/AIS-1000.htm

AIS-1000は、本体・GPSアンテナ・データケーブルで構成されます。        

  本体は、AISのチャンネル(VHF)で飛びかう他船の位置・針路・速力その他の

  電波を受信して、それをデータのに変換して、外部機器に受け渡します。


読みきっていないのかも知れないが、

接続ケーブル    1本

・・・が付属しているらしいが、

今時、

シリアル・ポートがあるPCなんて、珍しい。


実際は、USB−シリアル・ポート 変換ケーブル

・・・を使うだろう。


実際に動いている変換ケーブルを

この変換ケーブルでは実績がある

・・・の記載が欲しい。


Q AIS-100には、どんなアンテナがいるのですか?

A AIS-1000には、付属のGPSアンテナの他には、

VHFのアンテナが必要です。

標準的な3dB(gain)のアンテナであれば、問題ありません。

(但しマリン用のものをお勧めします。オプション参照)

・・・が必要だから、注意!

http://www.e-mas.co.jp/ais/aq.htm


調べれば判ることだけれど、

VHFのアンテナは、何メガ用か、記載があると親切。


156.8±3.5MHz

オプション

http://www.e-mas.co.jp/ais/Option2.htm

・・・で、判った!


国際VHFのアンテナとの共用に、

アンテナスプリッタ が 必要


こういう器械は、

外国に行っての使用は、

免許状、どうなのだろう ?


*** 情報の提供だけで、

この購入、使用について、私には、一切の責任がないことを明記します。

自己責任で、お願いします。

posted by Ala.Yacht at 17:42| Comment(4) | TrackBack(3) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人様

 引用ありがとうございます。

 ラミレーテ AIS担当こと
 新高丸 岩田です。

 いろいろ、紆余曲折がありなんとかAISの送受信機を国内に
 安価に供給できないとものか?と、試行錯誤の上、ここまで
 たどりつきました。

 また、ご意見ご指摘をたまり、感謝感謝、さっそくですが

 (1)アンテナについて

 アンテナはAISの周波数が161.975MHz 162.025MHzの2波
 のため、この周波数のアンテナでなければ、駄目なように
 誤解されがちですが、一般の国際VHF用のアンテナで十分動作します。

 (2)変換ケーブル

 シリアル〜USB変換ケーブルですが、活用事例の中のShipplotterの部分で
 とりあげております。
 (わかりにくくて、すみません)

 ただ、どのPCショップへいっても言われることなのですが、
 この変換、PCマシンとの相性があるようです。また、使用している部品は、
 ほぼどの製品も同じようです。ですので、変換ケーブルの特性というより
 PCマシン側で、可否が決定されるようです。

 (3)アンテナ共用器

 アンテナ共用器は、AIS用のアンテナを設置すれば、必要ありません。
 また、そのほうが割安です。

 ただ、アンテナだらけになるが好ましくないという方は、
 国際VHFのアンテナと共用することが、この共用器を使用することにより、
 1本ですみます。
 ただ、共用器挿入により、若干の感度低下は免れません。
 実感としては、あまり問題にならないレベルと思います。


 活用事例の中に、有益と思われる情報を掲載しております。



  以上とり急ぎ、御礼と回答を

 
Posted by 新高丸/岩田 at 2010年09月19日 20:14

追記★他国での使用


 それぞれの国で、それぞれの法律があり厳密には、言い切れませんが


 動作●

 送受信周波数は、国際的な取り決めで決められており、問題ありません。
 また、その海域の責任部署の制御でチャンネルが決まりますので、運用上は
 まったく問題ないと思います。
 (国際規格による制御機器)

 免許●

 免許ですが、AISのみの問題ではなく、国際VHFを含めた船舶局としての問題があります。

 国際航海に従事する証明をもらわないといけません。
  ↓ (これは船舶検査からみ)
 この証明をもとに、総務省からコールサインをもらいます。
  ↓
 同時に、国際通信を行う船舶局としての免許をもらいます。

 これで、完了になります。

もちろん、その必要がある弊社製品を購入のお客様には、ご協力いたします。

Posted by 新高丸 at 2010年09月19日 20:22
新高丸 岩田様

忌憚のない意見を述べましたが、
回答、有難うございます。

諸磯のMailinglist 100名以上、
長距離航海懇話会   70名?
・・・にも、流しました。

ここを見てくれれば、
補足になるのですが。
Posted by わかめ at 2010年09月19日 21:10

> 諸磯のMailinglist 100名以上、
> 長距離航海懇話会   70名?

諸磯のMailinglist  114名
長距離航海懇話会  166名
・・・でした。

意外に、多い!
少し、重複があるかも。
Posted by わかめ at 2010年09月19日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Marine Traffic: 世界の 船舶の交通
Excerpt: AIS(Automatic Identification System):船舶自動識別装置http://moroiso.info/article/142596456.htmlhttp://morois..
Weblog: Moroiso Yacht Owners Club
Tracked: 2010-10-22 14:15

AIS 組み込み VHF
Excerpt: 10万円の AIS(Automatic Identification System):船舶自動識別装置http://moroiso.info/article/163144462.html・・・とかでも..
Weblog: Moroiso Yacht Owners Club
Tracked: 2011-04-12 22:08

mAISで Marine Traffic
Excerpt:  6月 1日夢の島マリーナでの長距離航海懇話会 小集合「ヨット”ポレール“の旅、事故、不具合、故障など」・・・で、関 秀重さんの話を伺った。 ここでも、色々、触れてきた。エントリー(記事)は以下。Ma..
Weblog: 無銭旅行 時々 無線 by JA1FMZ
Tracked: 2013-06-04 10:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。