ログイン状態

2016年03月06日

AIS-SART

ジャパンボートショーに

船長さんの無線ショップがあった。


AIS-SARTとAIS-MOBの説明があった。

http://www.ais-japan.org/product/32?

救助(SART)の最新技術、レーダトランスポンダ、EPIRBの代替技術。

AIS技術を利用したIMO(SOLAS条約)国際規格。世界共通システムのため利用料金経費は一切かかりません。

船舶無線局は、特定船舶局でなく船舶局になり、電波法で申請後の落成検査が必要で、追加の費用がかかりますので、ご注意ください!


AIS-SART とか、

ヨットレースで使える・・・と謳っていた。


その用向きなら、

mAISで Marine Traffic

・・・で発信すればスマフォで、同等のことが出来そう。


mAIS でヨットレース観戦(構想)

mAIS でヨットレース観戦(準備編)


私は、

FindShip 2.0

・・・を使っている。


PS

Marine Traffic: 世界の 船舶の交通


posted by Ala.Yacht at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PLB(Personal Locator Beacon)

30100 ACRレスキューリンクプラス 日本仕様PLB

PLB(Personal Locator Beacon)とは、個人で使う救難信号発信機です

救難信号を人工衛星で受信するところが最大の特徴で、

空が見える場所なら24時間常に全地球をカバーします。

ACRレスキューリンクプラス 日本語版PLBは手のひらに乗る小型サイズながら、

船舶で使う救難信号発信機「イーパブ」と同じ5Wの高出力。

本体にはGPSが内蔵され、救難信号といっしょに遭難者の緯度経度と遭難者が誰だかわかる識別番号が送信されます。

http://www.seaplaza.jp/SHOP/30100.html



上空の人工衛星に向けて406MHzの救難信号が発信されます。

406MHzの信号には内蔵のGPSによる緯度経度の位置情報と、

レスキューリンクが誰のものかが判る識別番号が含まれています


GPS位置情報により付近に到着した救助隊は、

121.5MHzの電波を直接受信し、電波の来る方向に向かって捜索することで貴方の発見に努めます。


30100 ACRレスキューリンクプラス 日本仕様PLB

価格:

46,000円 (税込 49,680円)


Amazonを通しても買える。

ACR レスキューリンク・プラス 日本版PLB

¥ 49,680 & 関東への配送料無料


posted by Ala.Yacht at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。