ログイン状態

2011年11月01日

長年の疑問:赤いブイと 緑のブイ


ヨットを始めた40年前、


大抵、

港を出るときに、

左舷に赤ブイを見て、

右舷に緑ブイを見て、出港する。

但し、絶対ではなく、多くの場合がそうだ・・・と書かれていた。


覚えやすい。

船は、

左舷に、赤灯

右舷に、緑灯

・・・を点けている。


しかし、なんで、

多くの場合がそうで、例外もある ・・・と、書かれていたのであろう。

今まで、例外に当たった事が無い!



フィジー(いよいよ、マスケットコーヴ)

http://dxvacation.com/article/232168302.html

・・・を見て、

例外なのかと思った人は、お主、出来る! ・・・だ。

#よ〜く見ると、ブイが映っていて、

 意識して、載せたのだ。


しかし、しかし、しかし ダ。


IALAというのがあるのを、ひょんなことで知った。

IALA stands for

the International Association of Marine Aids to Navigation

and Lighthouse Authorities


例外なんて、なくて、

絶対的なものらしい。

長年の疑問が解けた。


しかし、それでは、

何で、日本と、フィジーは、違うのか?!


アッと驚く為五郎!(古!)


世界は、二つに分かれていて、

IALA-A

IALA-B ・・・がある。

The IALA-B system is used by North-Central and South America and Japan and Philippines.

The rest of the world uses the IALA-A system.


その理由が、また、凄くて、


アメリカが独立戦争の時に、

イギリスを欺く為に、

逆にしたんだとか!!!

The reason is said to be that

the Americans during the war for independence wanted to confuse the British ships

and so swapped the colors.


それで、太平洋戦争は負けたのか?(違う!)


混乱しましたか?


詳しくは、以下をご覧下さい。

NauticEd online sailing school blog

THE WORLD'S MOST ADVANCED

ONLINE SAILING EDUCATION

 A few rules and signs and lights to learn when sailing

*Linkを貼ったら、苦情が来たので、検索してネ

 上記をCopyして、検索!

posted by Ala.Yacht at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。